出たーー


※お知らせ
諸事情のためコメントの返信が遅くなります
ご了承ください




書類の仕事をしていた時のこと。
仮作成が終わった書類は、カルテと共に各診療科の外来にある所定の箱に入れに行くのですが。
完成品もそこに戻されるので、完成品のチェックもしなければなりません。
外来が始まってしまうと、看護師さんやら患者さんやらでごったがえすので、ウッキーは外来が始まる前の時間や、少し空いたタイミングを見計らってこそこそとその箱をチェックにしに行っていました。

その日もいつものごとく、外来が始まる前に各診療科を梯子して、完成品があるかどうかをチェック。
外科外来に来た時、電気が一つもついていなかったので、ウッキーは一瞬入っていいものかためらいましたが、薄暗〜〜い中こそこそと中に入っていきました。
何も言わないのもなんなので、いちおう

「失礼しま〜す・・・」

と、消え入りそうな声で入ってみると、なんとなく、どこからか人の気配が。
こんな薄暗い中で仕事してる人なんかいるんかいなと思いつつ、箱をチェックして戻ろうとしたまさにその時。


「!!」


ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ


振り返った視界の端に映った、ぼんやりと白い何か。

ななっ、なっ、何!?
何かが、そこに、いたような、気がする!!
霊感0のウッキーにも、見えるようなものが・・・!!??


「・・・お疲れ」


薄暗い診察室で
薄汚れた白衣を着た
浅黒い顔色の
P先生が
レントゲンフィルムを
パソコンのモニターに
かざしていた


ぼそっと落とされた言葉に、思わず固まってしまったウッキーでしたが。

「おっ、お疲れ様ですっっ」

びび、びびったー・・・
(・・;)
てか、電気つけろや!
目の前のシャーカステン使いなさいよ!

やーもー、マジでビビった。
とうとう出たかと思いましたよ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック