医師事務作業補助者として働く〜資格について:蛇足の蛇足


コメントにお寄せいただいたご質問にお答えする内容となります。
いただいたご質問は大変興味深いものであり、きっとこのブログに足を運んでくださる方々にも同じように感じておられる方が多いのではと思い、一つの記事にさせていただきます。
ただしウッキーもこの仕事を始めてやっと1年。
医師事務作業補助者としてはまだまだまだ新人。
言いたいことをだらだらと連ねているだけですので、お読みになってもし気分を害されるようなことがありましたら、それはウッキーがただ未熟者の世間知らずなだけであり、決して悪意や悪気はございませんので、広いお心で見逃していただければ幸いです。

それではっ↓

続きを読む



医師事務作業補助者として働く〜その5:モチベーション


先日いただいたコメントの中に、医師事務作業補助者として働く上でどのようにモチベーションを保っているか、ご質問がありました。

モチベーション…(いわゆるやる気のことね)

人それぞれだとは思いますが。
(それを言っちゃおしまいだべ)

当院のMA(医師事務作業補助者)に、ためしに聞いてみました。
すると……

「別にこの仕事が嫌というわけじゃない」

「かといってすごくやる気があるというわけでも…」

「正直なところ、こんな仕事だとは思わなかったし」

「対応の悪い医者が相手の時は、やる気失せるよねぇ」

「患者さん相手のほうが面白いってのも、わからないわけじゃないけど…」

…とまあ、はっきりしたお答えはありませんでした。(あれ?)
ウッキーはどっちかというと「生活のため」と割り切ってるところもあります。
安くも高くもない給料でちまちまと働いてはいますが、医者相手はそんなに嫌ではありません。
もちろん接したくない種類の医者もいますが、大抵の場合はこちらの対応次第で、相手の対応も良くも悪くもなります。
正直なところ、患者さん相手のほうが緊張します。
自分の応対ひとつで、病院の評判に大きく関わってくるから。

ご質問下さった方は、医局秘書という名目で医師事務作業補助のお仕事をしておられるようですが。
各医療機関によって医師事務作業補助者がやっている仕事の内容に大きな差があるので、それぞれの状況によっては、「なんで私がこんなことを」と思えるような事態になっていることも十分ありえます。
このブログにもたくさんの方々がコメントを下さっていますが、大きな病院に20人近くの医師事務作業補助者がいると思えば、たった一人できちんとした場所もなく仕事内容は完全に秘書!とか、どう考えても病棟クラークの仕事!いう方もおられます。
ウッキーの場合は、もしかしたらまだ恵まれているほうなのかもしれません。
医局秘書はいませんが、秘書的なことをしている事務さんはいます。
各病棟にも「病棟事務」(いわゆる病棟クラーク)さんがいますし、医師事務作業補助者(当院ではメディカルアシスタント=MA)は医師の下で動いているという認識がそれなりに浸透しています。
MAを○○先生の秘書、とか勘違いしている医師もたまにはいますが、一応トップダウンで「MAは医師全体からの事務仕事を引き受ける」というお達しが出ています。
そこんところをきちんと踏まえているか踏まえていないかで、仕事の内容は大幅に変わってきますし、モチベーションにも影響してくると思います。

確かに医者相手は大変です。
変人ばっかりだし。
(自分のことは全力で棚上げ)
気分屋ばっかりだし。
やたらと偉そうだし。
(腰の低い先生もいますけどね)
薄気味悪い人もいるし。
机の周りも超汚いし。
ヘビースモーカーもメタボな医者もいっっぱいいるし!
(すれ違っただけでくっさい医者とか)

医師事務作業補助者はその名前の通り、医師の事務作業を補助して医師の負担を軽減しようという目的で設置されましたから、どんな名目・名称で仕事をしようと、必ずどこかで医師の役に立つようになっているはずです。
実際医師は患者さんと接して初めて診療=仕事をすることができるわけで、その医師の事務作業補助をするわけですから、この仕事も実は患者さんのために仕事をしていると言えるのです。
たとえば書類ひとつとっても、医師事務作業補助者が仮作成したり医師に催促したりするなら、時間短縮に繋がり、患者さんを待たせることが少なくなります。
入院時に医師が書く様々な書類を医師事務作業補助者が替わりに作成するなら、医師は患者さんにより多くの時間を割くことができます。
実のところ、医師事務作業補助者の仕事も、間接的に患者さんへと繋がっているのです。

医師相手がどうしても嫌なら、思い切って現状を上司に話してみるのはいかがでしょうか。
(上司が最悪な場合は……なんとも言えませんが)
その時「何でこんな仕事なんですか」じゃなくて「この仕事に関して自分はこう思ってるんです」と話すことをお勧めします。

みなさんはモチベーション、どうやって保ってますか?
いろーんな現場があると思いますので、ぜひご意見をお寄せください。

医師事務作業補助者として働く〜資格について:思い切り蛇足


以前の記事で、医師事務作業補助者として働く上で、医療事務などの資格は、ないよりはあった方がいいと書きましたが。
(もちろんなくてもこのお仕事はできまっせ)

ウッキーの場合を取り上げてみたいと思います。
すんません超個人的なことで。
あくまでも一例ですのでご了承ください。
(他意はありません)


ウッキーが持っている医療系の資格は↓

医療秘書2級
http://www.medical-secretary.jp/menu/index.htm

診療情報管理士
http://www.hospital.or.jp/jha-e.html

…の2つだけです。


実際に働いてみて。
どちらも、医師事務作業補助のお仕事には最適の資格です。
しかも医師事務作業補助者としてだけでなく、医療秘書としても、診療情報管理士としても自分を売り込めます。
(人間的に役に立つか立たんかは、ま、別として)←おいっっ

医療秘書って、どんなことをする人?
というか、どんなことを勉強するのかしら?というのはこちら↓
http://www.medical-secretary.jp/sikaku/index.htm

医療秘書として仕事しなくても、秘書係の資格は様々な分野で役に立ちます。
実務秘書などは、事務系の仕事にはかなり役に立つと思います。
実務秘書は敬語の使い方、電話の取り方、お辞儀の仕方、お客様の招き方、一般常識といったことを勉強しますが、医療秘書はそれに加え、医療事務系の勉強(診療報酬請求実務、基礎医学など)も習うので、院長秘書や医局秘書などの仕事に役に立ちます。
秘書のような仕事になる医師事務作業補助者には、実はかなり役立つのではと思います。


もう一つは診療情報管理士。
医療秘書系の専門学校に行っていたのもあり、「資格は持ってても腐らねーからまいっか」という安易な考えで取った資格です。
これに関してはこちら↓

診療情報管理士のお仕事
http://shinryoujohokanrishi.seesaa.net/

…で、あますところなく語っております。
よろしかったらどうぞ。
この資格も、取得するのにちょっと大変ですが、なかなか使えます。
特にカルテを読むという点では、いい勉強になります。
今はDPCについても勉強するみたいですね。


…とはいえ。
秘書系の資格で学ぶことは、マナー本などを読んだりすればだれでも身につけられますし。
医療機関で事務系の仕事をしていれば、そして仕事をしながら勉強すれば、レセプトのことや医学用語などは勝手に身についてきます。
(各自の向学心・向上心の程度によります)
資格がなくてもその分野で長年働いてこられた方の経験と知識は、資格を上回るものがあります。
そういう人たちのお知恵を、ぜひ分けていただきたいものです。
まだまだ勉強中&修行中の、ウッキーでした。


おまけですが。
一応やむを得ず取得したホームヘルパー2級もあります。
http://herupa.genkie.com/

医師事務作業補助者として働く〜資格について


以前、院内のある職員さんから、

「その仕事って、医療事務の資格があったほうがいいんですか?」

と聞かれたことがあります。
院内に徐々にMAの存在が知れてきて、何やってんのあのヒトたちと思った職員さんが、不思議に思って聞いてきたようです。
今のMA全員、医療事務の勉強済みだったというのもあったんでしょうか。

結論からいえば、ないよりは、あった方がいいと思います。
ちなみに、医師事務作業補助者として働く時に役立つと思われる資格は、調べたところでは↓

日本医療教育財団 医師事務作業補助技能認定試験
http://www.jme.or.jp/doctors.html

ニチイ学館 メディカルドクターズクラーク
http://www.e-nichii.net/course/medical_d/index.html

認定医師秘書TM
http://www.terada-medical.com/orange/course/10-1.html

…あたりのようです。
(他にもありましたら教えて下さい)
あとは学校かな。
医療系の専門学校とか短期大学にコースがあるかもしれません。

でも医師事務作業補助の資格と、医療事務の資格は、ちょっと違うようです。
なぜなら医療事務は、やはり診療報酬請求実務に重きが置かれているからです。
診療報酬請求業務は、医師事務作業補助者はやっちゃいかんのですよ。

医療事務の資格って、例えばどんなものがあるのでしょうか。

医療事務の資格の種類
http://iryouzimu.sblo.jp/category/201961-1.html

いやー、いろいろありますねぇ。
ウッキーが聞いたところでは、有名どころは↓

医療事務技能審査試験
http://www.jme.or.jp/a_e/m_c/index.html

診療報酬請求事務能力認定試験
http://www.shaho.co.jp/iryojimu/

ですかね。
合格率は低く、結構な難関とも聞いています。

でも医療事務の資格も、ないよりはマシだと思います。
資格を取るための勉強の中に、医師事務作業補助の仕事をする時に役立つ内容があるでしょうし。
診療報酬のことも知っておくと、医師の言動を理解する上で役立つこともあると思います。
まあ、医師事務作業補助の資格を取る勉強の中で、医療事務のことも勉強するでしょうが。
実際に「メディカルドクタークラーク」や「ドクターズクラーク」の勉強をしておられる方のご意見を、ぜひお聞きしたいものです。

ウッキーは決して、資格取得を勧めているわけではありません。
ないよりはあった方がいいのかも?と思う程度です。
資格を取るかとらないかは、各個人で決めることです。
お上が「有資格者じゃないとだめ!」とか言わない限り、無資格でもこの仕事はできそうです。
資格がなくても、医師事務作業補助者としてバリバリ働いておられる方々はたくさんおられます。
ウッキーだってドクターズクラークなんて資格、持ってません。
資格を取りたくても取ることができない状況の方もおられるでしょう。
なにより資格があっても、即戦力になるとは限りません。
経験という点でいえば、最初は誰もが同じスタートラインに立ちます。
一つ一つ丁寧にこなしていけば、技術は時間の経過とともに勝手に身についてきます。
焦らずじっくり仕事しましょー。

結局のところ、資格よりも人間性…
なんか、そんな気がするこのごろです。
(自分のことは全力で棚上げしてます。ごめんなさい〜)

医師事務作業補助者として働く〜その3:独自で勉強するには


こちらでお寄せいただいたコメントにお答えしています。

あえて申し上げておきますが。
ウッキーの独断と偏見を連ねています。

それでもよろしければ、続きをどうぞ↓

続きを読む

医師事務作業補助者として働く〜その1:何もかもが初めての場合


こちらでお寄せいただいたコメントにお答えいたします。
(お体の具合はいかがでしょうか)

参考になるかどうかは何とも言えませんけれども。
一緒に仕事をしているMAさんたちにもちょっと話を聞いてみたりして、ウッキーなりに考えた範囲でのお答えになります。

続きはこちらで